銀河

 

 

とどこかで、ふしぎな声が、銀河ステーション、銀河ステーションと云う声がしたと思うといきなり眼の前が、ぱっと明るくなって、まるで億万の蛍烏賊の火を一ぺんに化石させて、そこら中に沈めたという具合、またダイアモンド会社で、値段がやすくならないために、わざと穫れないふりをして、かくしておいた金剛石を誰かがいきなりひっくりかえして、ばら撒いたという風に、眼の前がさあっと明るくなって、ジョバンニは、思わず何べんも眼を擦ってしまいました。

(銀河鉄道の夜 宮沢賢治 銀河鉄道の夜から)

 

 

 

磨く

 

 

直感をもう少し信じても

いいと思うのです

 

 

それは

ウンチクよりもよほど

信頼おける感覚です

 

 

なぜなら直感は

太古の昔からヒトが生きるために

培ってきた経験値が

延々と受け継がれてきた記憶でもあるから

 

香合 山本英樹作