好きのうつわ

 

過去の展示会DMシリーズ41

 

2020年2月 駒込ぎゃらりー工藝舎にて

 

新型コロナウイルスが流行し始め

展示会をするか否か

日々のニュースを見ながらの開催となりました

あれから4か月

どうにか緊急事態宣言が解除になり

抑えていた行動も少しずつゆるやかになってきました

でもウイルスは特効薬もなく存在したままで

脅威は変わらず身近に存在しています

これから先も続く未知の経験

三密を控えた行動で生活が変わったことは

今までの生活を顧みる良い機会ともなり

より良い暮らしかたにシフトチェンジしていくチャンスかもしれません

 

このシリーズも今回で最終になりました

次回展示会の予定が未だたっていないなか

対面でうつわの話しをしながら

あれこれと手に取って下さるお客様との時間は

貴重だなと改めて思いながら

今はひたすらできることをして

次へと新しい一歩を進める準備をしてまいります

 

山本英樹さんからうつわがたくさん届きました

次回からは山本さんのうつわを紹介します

 

日々を丁寧に

 

 

 

 

冬のいろ

 

過去の展示会DMシリーズ40

 

2019年12月 横浜インペリアルギャラリーにて

 

年の締めくくりに横浜で展覧するのは

家に一番近くて便利というのも理由のひとつだけれど

やはりしめくくりは好きな横浜でというのが一番の理由だろうか

横浜の人は地元愛が半端でないが

私もお恥ずかしながらそのひとり

特にギャラリーのある辺りは古いビルや街並みが残っていて

あまり変化のない街並みをみるととてもほっとする

これに港に停泊する船の汽笛など聞こえようものなら

はるか昔にタイムスリップして

若かりしころの思い出にどっとひたってしまうのである

 

DM写真は少し斜めに撮ってゆらぎ感だしてみました

 

喫茶のうつわ

 

過去の展示会DMシリーズ39

 

2019年10月 西荻窪gallery cadoccoにて

こじんまりとしてかわいいギャラリー

それがgallery cadoccoの印象です

ギャラリーの雰囲気に合わせて、カフェで使われるような

かわいいうつわやお皿を中心に準備しました

メイン作家は谷口晃啓さん

最近作り始めたという手びねりのカップは

軽くてふわっとしていて卵の殻をうつわにしたような印象

同じく手びねりのお皿もほわほわした感じ

これは若い女の子に人気だろうな、なんてこと思いながら

ギャラリーの外を眺めていたら

ひらひらひらと蝶が入ってきて

しばらく遊んでふわりとでていきました

 

 

喫茶去

 

過去の展示会DMシリーズ38

 

2019年9月 中野 月のとびら にて

 

最初お声かけいただいたのは

この会場でイベントをするので1日だけ展示しませんか

という一報でした

声をかけて下さったのが

魅力的な女性だったのと送ってもらった会場のスナップが

とても素敵だったのでお受けすることになったのがきっかけです

会場スペースの居心地の良さ

スタッフの活気ある対応

全てが夢のような一日でした

当初1日のイベントに参加する形で出展したところ

うつわの展覧を1週間延長してやってほしいと依頼があり

そのまま会期を延ばすことに

それが月のとびらとの出会いになります

 

そんなわけで突然決まった この会は手刷りのはがきでごく少数の方にお知らせしました

 

 

 

過去の展示会DMシリーズ37

 

2019年6月 神楽坂アートスペースK2にて

 

展覧用のDMを作るのは会期の1か月半くらい前になります

毎回メインとなる作家を決めて

DM写真のうつわ撮りをしますが

撮影時はちょうど一番うつわがない時

どうしようもないときは送ってもらいますが

撮影用にひとつだけ送ってもらうのも気がひけるので

たいていは在庫のものから選んで撮影します

イメージを決めてから撮影したりすることはあまりなく

撮影してからイメージを作り上げていくことが多いです

いずれにせよ出来上がったものは

どれもドキドキするくらい惚れ込んでしまい

はやく刷り上がって配りたいなと思うのです

 

 

 

過去の展示会DMシリーズ36

 

2019年4月 中野 “meee” Gallery Tokyoにて

中野での展覧は3回目となりました

同じところで何回か続けていると

その会を楽しみにこられる

お客様がいらっしゃいます

一年ぶりにお会いするのはとても嬉しいもの

以前手にとって下さったうつわの使い心地など

お聞きしながら話しに花が咲きます

そしてお客様どうしでうつわの話しがはじまると

サロンみたいで楽しいなと思ったりしてます

 

 

日用のうつわ

 

過去の展示会DMシリーズ35

 

2019年2月 駒込ぎゃらりー工藝舎にて

このDMの写真をみていると

月と雲みたいだなと思います

右上の汲出しが月で

急須は雲

ゆっくりと渡っています

蓋の穴の位置が逆なのは気になりますが

まあ そこはご愛敬

 

うつわ屋さんでうつわの企画展をするという初の試みでした

会場は2階だったので1階に案内ポスターを貼りました

ポスターも初めての試み

いつも作っているDMとは観られる視点が違うので

ポスターは全く別ものだなと思いました

 

 

 

 

贈りものⅥ

 

過去の展示会DMをたどるシリーズ34

 

2018年12月 横浜インペリアルギャラリーにて

毎年恒例の贈りもの展

人は大切なひとに何かを贈るときに

どんな気持ちで選び

どんな思いを抱きながら贈るのでしょう

そのどれもが心のこもった贈りものであるだけ

ひたすらの塊のひかりが満ちている聖域のようです

橋村大作さんのガラスのオブジェは

そんな光のつぶつぶを反射して

ギャラリーはとてもすてきな空間になります

 

 

二人展

 

過去の展示会DMをたどるシリーズ33

 

2018年9月 銀座GalleryG2にて

山本英樹さんと松尾貞一郎さんの二人展です

これまで企画展で進めて参りましたが

念願の個人展を開催することになりました

企画展と違い個人展は今までにない様々な種類のうつわが多数出展されます

作家のいろいろな顔も見えてきます

よりうつわや作家が身近に感じられる機会でもあります

たくさんのお客様にみていただくこと

それはうつわ屋にとってとても嬉しいものです

気合も十分入っておりました

DMも大きいサイズのものに変更し

個人展ならではの記念のうつわも作っていただきました

二人展が無事開催されたことで

うつわ空もワンステップ前に進むことができました

 

 

 

過去の展示会DMシリーズ32

 

2018年6月 神楽坂アートスペースK2にて

 

一目ぼれで出会った漆の作家大石祐子さん

この会より新規に取扱させていただきました

大石さんの漆椀の使い良さの話しをしたらとまりません

この部分、ここのところ

実際に使ってみたらもっととまらなくなるほど

ぴたりとくる漆椀です

そんなことを会場で熱く語ってしまうのです